なぜたったの1年で名誉挽回できるの?

こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです(*´▽`*)

 

 

物語の中で、ミゲルは本当の尊敬すべきミュージシャンの正体を知りました。
世界的に有名なデラクルスから、本当の功労者ヘクターに名誉が移るまでに、1年の時間を要したことが分かります。

 

……いや、1年?

 

 

世界的に名の知れた音楽家が偽物だったことを、全世界が知るまでに、たったの1年しかかからなかったの?

 

これはディズニー・マジックでしょうか? いいえ、それ以上の理由があります。

 

 

 

その大きな理由こそ、「名誉挽回が死者の国から始まったこと」!

私たちは肉体の死後、4次元に昇るといわれています。

 

私たちが生きている世界が3次元、死後の肉体を手放した時に行くのが、そこより少し波動の高い4次元、そして、地底人やポジティブな宇宙人が活動しているのが、5次元以上という位置づけです。

私たちはもともと高次元の存在なのですが、魂それぞれの目的を達するために、わざわざ制約の多い3次元にやってきているのですね。

 

 

死者の国は、亡くなった人たちが住まう国ですから、4次元に存在すると考えることができます。

高次元には特徴があって、物事の現実化がとてもスピーディ。
3次元よりも素早く、引き寄せの法則が働くようになっているのです。

 

今回、デラクルスの不正は死者の国で発覚しました。
デラクルスは死者の国でも有名人であり、彼のコンサートには大勢の人がつめかけていました。

つまり、デラクルスの不正を大勢の死者が目撃したことになります。

 

死者たちはデラクルスの真実の姿をすぐみんなに広め、もしかするとヘクターの評判は、先に死者の国で伝わったかもしれません。

 

 

高次元でエネルギーの動きがあると、それは必ず3次元にも影響を及ぼします。もちろん、逆もしかりです。

4次元で先に「デラクルスの評判は偽物だった」という話が一般的になった時、3次元ではなにが起こるでしょうか?
きっと、3次元に生きる私たちも無意識のうちにそのエネルギーを感じ取り、「本当はこの人が、デラクルスの歌った曲を作った人です」という話を、すんなりと信じる気になると考えられます。

 

たったの1年間で名誉挽回を果たし、リヴェラ家に多くの見物人がつめかけるようになったのには、高次元も含めたエネルギーの動きがあったのでした。

 

 

 

 

Thank you for your reading!
Buen dia de la muerte!(良い死者の日を!)

コメントをどうぞ♪ Please Comment!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください