ティガー、影の功労者説

こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです(*´▽`*)

 

 

常にぴょんぴょん跳ねまわり、時にはラビットに嫌われる(笑)ティガーですが、映画「プーと大人になった僕」(原題:Christopher Robin)では大活躍です!

そして、その大活躍の根拠がまたまたスピリチュアル。

 

 

 

 

 

 

1、「鞄には大事な思い出を詰めといたぜ」

ティガーはクリストファー・ロビンの鞄に入っていた資料をうっかり使い、イーヨーの鞍にしてしまいます。
まず言えるのは、ここでティガーがクリストファーの資料を抜き出して使ったことで、マデリンの冒険のきっかけを作ったということ。

 

さらに、「じゃあ今のクリストファー・ロビンの鞄には何が入ってるの?」というプーの問いかけに対し、
「鞄にはもっと大事な思い出をつめておいたぜ」と得意げに答えています。

この「思い出」がなんなのかと言えば、オウルの家についていた風見鶏、「トンクリ」、イーヨーのしっぽ、そしてたくさんの枯れ葉と木の枝。

これがクリストファー・ロビンを地味に救ったことに気づきました。

 

クリストファーは、いなくなったというマデリンを探すため、とても重要な会議を飛び出すことになりました。残された人たちは、クリストファーを「無責任な奴」と評価……
したわけではありませんでした。

クリストファーの嫌味な上司が、ずっとクリストファーのことをあざ笑う演説を垂れていたんです!
彼はクリストファーが残していった鞄を勝手に開け、中に入っていた枯れ葉や枝、トンクリ、イーヨーのしっぽ(これは特にネタにされていましたね)などを一つひとつみんなに見せて、クリストファーの評判を落とそうとしていたんです。

結果的に見れば、これが時間稼ぎとして働いたのでしょう。

クリストファーが会議に飛び込んだ時、まだ手遅れにはなりませんでしたし、むしろ最善の結果を得ることができました。

これは明らかに、「鞄には大切な思い出を詰めた」と語ったティガーの功績です。

 

 

 

 

2、「ジャンプで悪いことなんか起こるもんか」

マデリンが機転をきかせ、せっかくみんなを鞄に詰め込んだのに、ティガーはしっぽを挟まれたことに混乱して、なんとか箱から出ようとジャンプします。

傍から見ると、明らかにそのまま箱に入っていた方が良い状況。

しかし、ティガーのジャンプで箱は開き、そちらに隠れていたティガー、ピグレット、イーヨーの3人は、大事な資料を残して通りの中に吹っ飛ばされてしまいます。

 

ここからが、奇跡の幸運ポイント。
宙を舞う3人がへばりついたのは、クリストファー・ロビンと妻のイヴリンが乗る車だったのですから!

クリストファーとこの3人が合流したことで、マデリンがクリストファーの勤める会社に向かったことが分かります。そうして完璧なタイミングで、親子が再会できることになるのです。

 

ティガーのジャンプは、過去にラビットから非常に不興を買ったし、
人によっては、何の根拠もなく「ティガー様の大好物だぜ」とか「俺様の得意技だぜ」と豪語するティガーが、あまり好きではなかったかもしれません。

 

しかし今回の一件で、ティガーはいくつもの大切なことを教えてくれていると感じます。

 

 

自分の得意なことに自信を持つこと、
自分の得意を心から信じること。

さらにティガーのように、「ジャンプ(得意技)で悪いことが起こるわけない」と、突き抜けた信頼を抱くことができるようになったら、もう怖いものなしなんじゃないか? とまで思ってしまいます。

ティガーもにっこりですね(^_^)

 

 

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメントをどうぞ♪ Please Comment!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください