100エーカーの森と会社の間

こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです(*´▽`*)

 

 

ぎりぎり間に合った重要な会議で、クリストファー・ロビンは大きな答えを出しました。

これにも重要な示唆があります。

 

 

「もしも永遠になにもすることがなかったら、私たちは退屈してしまいます。」
クリストファーの天才的なプレゼンは、こんな一言から始まりました。

そしてそのちょっと後には、
「何もしないことが、最高の何かに繋がる」
と言いました。

 

クリストファーは仕事は続けつつ、家族との「何もしない」時間も取るという、中庸的な生き方を選んだのです。

そしてこれは、「100エーカーの森(クリストファーの過去)と、仕事や家族(クリストファーの現在)」を、バランスさせるという意味合いにもなるのではないでしょうか。

 

 

永遠に「何もしない」が続けば、もちろん退屈してしまう。

けれど永遠に仕事が続けば、人はすりへってしまう。

 

どちらにも良いところがあり、どちらにももう一歩なところがあります。
大切なのは、やはりバランスです。

 

 

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメントをどうぞ♪ Please Comment!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください