真のヒーローとは

こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです(*´▽`*)

 

 

ヘラクレスは神に戻るために、父ゼウスの助言を受け容れて真のヒーローを目指します。
しかし、有名になったヘラクレスに対し、ゼウスはちょっと苦々しい顔。有名になることは、真のヒーローになることとは違うからです。

 

 

“I’ve been every single monster I’ve come up against.  I’m the most famous person in all of Greece.  I’m an action figure!”

「僕は向かってくるすべての魔物を倒したんだよ。僕はギリシャ中で一番の有名人なんだ。僕のフィギュアまで作られているのに!」

 

ヘラクレスは抗議しますが、ゼウスはこう返しました。

 

“I’m afraid being famous isn’t the same… as being a true hero.”

「心苦しいが、有名になることと、真のヒーローになることとは同じではないのだよ」

“What more can I do?”

「僕にもっとできることがあるの?」

“It’s something you have to discover for yourself. Look inside your heart.”

「お前は自分自身を探求しなければならない。自分の心の内側を見つめてみなさい」

 

 

そう言い残し、オリンポスへ帰ってしまうゼウス。残されたヘラクレスは落胆しますが……ゼウスはその通りのことを言っているだけなのでした。

ヘラクレスには足りないものがあったのです。それはたぶん、愛情。

それも、怪物を倒して大勢を助けるような広く浅い愛ではなく、心から大切だと思えるたった1人を、自分の身を呈してでも救い出すような愛です。

 

もしかすると、私たちの意識レベルがもっと成長した時は、深い愛をたった1人に限らず、人類全体にまで持てるようになるのかもしれませんね。

 

 

ヘラクレスがそんな愛の力を発揮したのは、死者の川からメガラの魂を救い出した時です。
ヘラクレスはメグを救いだし、代わりに自分が川に残る覚悟で飛びこみました。
でも、メグを助けた時に神としての力がすべて戻り、2人とも無事に現世に戻ってくることができました。

 

ヘラクレスは偉大なことを数多くなしとげています。
その中には、オリンポスに向かい、父ゼウスを助け、ハデスの思惑を挫いたという大きな功績も含まれているのです。

でも、迫りくるタイタンたちを退けてゼウスを助けても、ヘラクレスに真の力は戻りませんでした。そこで問われたのは勇気であって、深い愛ではなかったからじゃないかな。

 

 

勇気も愛も大切ですが、勇気は愛の表れでしかありません。根源は愛なのです。

 

 

 

 

Thank you for your reading!
I wish you all the best!

コメントをどうぞ♪ Please Comment!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください