ハイヤーセルフは運命の人を知っている

こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです(*´▽`*)

 

 

ジゼルの「理想の王子様」の話。
ジゼルが作った人形を見てみて下さい。

 

この人形を物語の後半と並べてみると、あることに気づくのです。

 

見て欲しいのは顔じゃない。
服。

 

ジゼルの「理想の王子様人形」は、濃い青色の上着に白いズボンを履いています。

実はこれ、クライマックスのダンスパーティーで、ロバートが着ている服と一緒なの!!!!

ジゼルの作った人形は、白い刺繍の部分が花で表現されていましたね。

服装の観点から見ると、エドワード王子は明らかに違うタイプの服を着ています。

これが何を意味するのか。

私の考えはこうです。

 

大概の人は「理想の王子様」を考えるうえで、やはり最初に意識が向くのは外見だと思う。
ジゼルも、顔のパーツにこだわって作っていたしね。

 

目に見えるもの、つまりは顕在意識、理性の注意が向くものは顔。

 

だけど、等身大の人形を作るにあたって、何も着せないわけにはいきません。
裁縫上手なジゼルは、きっとここにも全力を注いだのだろうけれど……。

あの服のデザインは、どこから来たのか?

 

あれはきっと、ジゼルが自分でデザインしたもの。彼女のクリエイティブセンスの塊だと思うのです。

クリエイティブな思いつきは、どこからくるものか?
そう、インスピレーション。直感。

つまりはハイヤーセルフからくるものなのです!!!

 

ハイヤーセルフとは、私たちの人生の筋書き、この人生の目的をいちばん把握している魂の部分。
すべてのインスピレーションは、そんなハイヤーセルフから降りてくるものです。

 

ジゼルのハイヤーセルフは、もちろん運命の王子様がエドワードではないことを知っていたのでしょう。

そして、王子様人形を作るジゼルに、ロバートがこれから着ることになる衣装を思いつかせた。

このことに気づいた時、ひとりで思わずニヤッとしちゃいました(笑)。

 

 

 

Thank for your reading!
I wish you all the best!

コメントをどうぞ♪ Please Comment!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください