古い歌をうたう

こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです(*´▽`*)

 

 

やっとジゼルとの再会を果たしたエドワード。
喜びを分かち合ったあと、2人でデュエットした曲”True Loves Kiss”を歌いはじめます。

ここで起こる大事件。
ジゼルが自分のパートを歌えなくなっているのです。

これには、どんな意味があるのでしょう?

 

 

これこそまさに、
姫と王子がぶっつけ本番でデュエットできるのは、2人の波長が合っているから
ということの証明なのではないか? と考えています。

2人が出会った当初は、お互いに「運命の人はこの人だ!」と思っていた。

だけどジゼルはニューヨークに来て、いろいろなことを体験して、大きく変化していたんですね。

そして、この時にはもうすでに、ジゼルはロバートのことを好いていると思う。
ジゼルの正直な気持ちは、もうロバートに傾きかけているんです。
100%エドワードに向いてはいないのです。

 

そしてさらに、”True Loves Kiss”の歌は、ジゼルがあの時の気分を歌ったもの。

あの時欲していたものを歌った歌ですから、もう過去のものなんですね。
そこに含まれているのは過去のエネルギーです。

 

ジゼルが生きているのは「今」ですから、もうエネルギーの変わった過去の歌は、声を合わせて歌うことができない。

 

つまりはそういうことなんじゃないかと思います。

 

 

ジゼルは「不思議な場所」に送り込まれて、エドワードの助けを待っていた状態だし
良い人だなーと思ってるロバートには別の「運命の人」がいるみたいだし

私がロバートに抱いているこの気持ちは、本当はエドワードに向けなければいけないもの

ジゼルがそう考えているような気がしてなりません。

 

自分の気持ちに正直な歌を歌うべきだし

歌はパワフルだけど、大声でさけべば、歌以上のパワーが出せると思う。

 

ジゼルは歌も歌うけど、言葉で分かりあう(デートをして仲を深めていく)
やり方を知ったのですよね(^_-)-☆

その結果、本当の「運命の人」が誰だったか分かったのです。

 

 

I wish you all the best!

コメントをどうぞ♪ Please Comment!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください