自分の違和感を拾う方法

こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです(*´▽`*)

 

 

人間関係の中では、おそらく誰にでも
「この人のこういうところが苦手」という部分があると思います。

 

実は、私は王子にも……あるんですねぇ。

昔の自分なら、やりとりの中で生まれる小さなもやもやを無視していたかもしれない。
「指摘して嫌われるのイヤだな」とか、「でも、合わせていけば良いんだし」とか思って。

 

上の2つの言い訳に共通しているのは、自分を押し殺しているということです。
嫌われるのが怖いから、言わない。
自分が相手に合わせれば解決するから、言わない。
そういう行動に繋がる考え方ですね。

 

 

でも、何らかの言動に「もやっ」としたことは、変わりようのない事実。
そこに「こんなこと感じちゃダメだ」という意味付けをしているのは、ほかならぬ自分なのです。

 

じゃあ、どうすれば良いのか?

 

 

私はこうやってます。
ちなみに、この一連の思考が表に出ることはありません。
全部、私が頭の中で考えて、納得するまで向き合っていることね(^_-)-☆

 

私は「もしも」を考えるようにしています。

 

王子のこういう言動、こういう行動が嫌だな、と思った時
「これが原因で、王子と別れたいと思う?」

極端だと思った方がおられるかもしれませんが、それはきっと私が極端な人間だからです。
極端な「もしも」を考えて答えを出すのが、私は性に合っているんですね。

 

 

さて、王子の好きなところはいっぱいあります。本当に本当に、数えきれないほどです。
同時に、「こういうところ、ちょっと苦手だな」というところもあります。

それに「もやっ」としたり、心のどこかが引っかかったりした時……。
「この言動が原因で、私は王子のこと嫌いになる? 別れる?」
究極の選択を自問すると、答えが出てきます。

 

「別れないよ、好きなところいっぱいあるもん。
今は見逃して、それでもやっぱり直してほしいと思ったら口に出して言おう」

 

はい、結論が出ました。

 

 

 

大切なのは、「嫌われたくない」という動機から何も言わなかった場合とは、感情的な結果がかなり違っているということ!

 

「嫌われたらいやだから、言わない」というのは、自分の感情を押し殺して、我慢しているということになります。

対して、自分に究極の選択をつきつけた上で、何も言わないことを選んだのは、自分がどう感じているのか? に向きあったうえで、次の行動を決めたわけですから、自分を解放したことになります。

 

 

頭ごなしに抑圧するのと、自分の感情と向き合うのとでは、
表面的な結果は同じでも、心の持ちようがまったく違ってくるのです。

 

ため込んだ感情は、後で腐ったような怒りになることがありますが(私はけっこう多い)、
感じたその時にちゃんと理由を見つめてあげれば、感情は腐らずに済みます。
ようは、すぐに対処しよう! ということですね。

 

 

私も、これがまだ完璧にできているわけでは全然なくて、できる場面と、できない場面が混在しているのが現状。
感情を無視しない癖をつけるのに成功すると、自分にとって心地良い環境に敏感になるから、もっともっと良いものを引き寄せるのに役立つと思っています。

 

まだまだ頑張る!

 

 

 

 

I wish you all the best!

コメントをどうぞ♪ Please Comment!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください