なぜ妖精は「信じてもらえないと光が消える」のか?

こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです(*´▽`*)

 

今日は、以前から温めていた話を……。
かの有名なディズニーの妖精、ティンカーベルについてです♪

 

ティンカーベルはディズニー映画の中で大活躍ですよね!

でも、
原作の「ピーター・パンとウェンディ」だったり、続編の「ピーター・パン イン スカーレット」
そしてディズニー映画「ピーター・パン2」には、妖精の別の面も表現されているのです。

 

妖精の生まれ方と死に方です。

 

明記されていませんが、たぶん妖精に寿命はないんじゃないかと思います。
けれど、妖精は増えたり減ったりを繰り返すのです。

 

なぜか?
妖精は赤ん坊の笑い声から生まれ
人の「妖精なんて信じない」という言葉で死ぬ
と言われているからです。

 

また、私の大好きな「ピーター・パン2」では、ピーターが
「ジェーンが妖精を信じないと、ティンクの光が消えるって……」
とティンカーベルの言葉を翻訳しているので

妖精の命=光

つまりは

赤ん坊の笑顔(笑い声?)=光!

と、言い表すことができますね☆
やっぱり赤ちゃんはかわいいです♡

 

では、なぜ「妖精を信じない」という言葉で死んでしまうのでしょう?今日の本題はそこ。

 

そしてこれに関しては、私なりの考えを書かせてください。

 

信じられないと死んでしまう。

 

これは「言霊」に由来する考え方であると、私は思っています。

っていうか、
「妖精なんて信じない」って、言葉的に存在の全否定じゃないですか?

 

仮に、誰か人間とケンカしたとして、
「お前の考えは理解できない」とか「お前なんかキライだ!」ならば、
まだ相手の存在を認めてはいますよね?

相手を嫌うことができるのは、そこに相手がいるから。

存在しない相手を好きになったり、嫌ったりすることはできません。

でも、「妖精なんて信じない」と言うってことは
「妖精は存在していない」
「あなたは存在していない」と言うのと一緒だと思います。

妖精は光からできているのであれば、きっと言葉、人からのエネルギーに敏感なはず。

だから、誰かが妖精の存在を否定する
「妖精なんかいるわけない」
「信じてない」
という言葉を言うたびに

存在を否定されたことを感じ取って、言葉の通り消えてしまう(死んでしまう)
そういうことなのではないかなと思っています。

 

ちょっとしんみり。

 

加えて、かのマザー・テレサは、「愛の反対は無関心」だと言いましたが、これも理屈は一緒だと思います。

 

まったく関心を払わないというのは、相手の存在を認めないことと似ている気がする。

だから、逆に言えば
「お前なんか嫌いだ!」と言い放っている瞬間にも
相手の存在を認めているから、
量は少ないかもしれないけれど、そこには多少なりともの愛がある。

そう表現することもできるのではないでしょうか。

 

 

 

I wish you all the best!

コメントをどうぞ♪ Please Comment!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください