Part3 ムファサの教えがスピすぎる件

こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです(*´▽`*)

 

 

ムファサの教えがとっても示唆に富んでいる!
というのを紹介していく記事シリーズ、ひとまずラストです。

最後は星空のもとで、
スピリチュアルな話題をお楽しみください♪

(ムファサのセリフを紫色で表示しています(^_-)-☆)

 

 

I was just trying to be brave, like you.

僕はただ、父さんみたいに勇敢になりたかっただけなんだ。

I`m only brave when I have to be.

私は勇敢でいなければならない時しか、そう振る舞わないよ。

 

 

シンバは父親に憧れているからこそ、「父さんみたいに」と意識するわけですよね。ムファサは、一度もシンバのその姿勢を否定していません。
これってすごく大事なことだと思う!

 

Simba, being brave…doesn`t mean you go looking for trouble.

シンバ、勇敢でいなさい。
だがそれは、自ら問題に飛び込んでいくという意味ではないんだよ。

But you`re not scared of anything.

でも、父さんは恐いものなんか何もないんでしょ?

I was today.

今日は恐い思いをしたよ。

You were?

父さんが?

Yes.  I thought I might lose you.

ああ。お前を失うかと思った。

Oh.  I guess even kings get scared, huh?

そっか。王様にも怖いことってあるんだね。そうでしょ?

 

父親、王様も完璧ではない(弱点がある)。
そう知ることで、子どもって完璧ではない自分もそれでOKなんだって、受け容れることができるようになっていくと思います。

そして、自分が完璧でなくてもOKと思うことで、他人の至らないところも、広い心で受け入れられるようになるのです。

2人は転がって遊び回り、そしてシンバがこんなことを言い出します。

 

Dad?

父さん?

Hmm?

ん?

We`re pals, right?

僕たち、仲間だよね?

Right.

そうだね。

And we`ll always be together, right?

そして僕たちはいつも一緒にいるんでしょ?

Simba, let me tell you somrthing…that my father ttold me.
Look at the stars.
The great kings of the past…look down on us from those stars.

シンバ。私の父から言われたことを、お前にも話させてくれ。
星を見てごらん。
去に生きた歴代の王たちが、あの星たちから、私たちのことを見守っているんだ。

Really?

本当?

Yes.
So, whenever you feel alone…just remember thet those kings…will always be there to guide you…and so will I.

そうとも。
だから、お前が孤独を感じた時……。歴代の王たちのことを思い出しなさい。
王たちはいつもそこにいて、お前を導いてくれる。もちろん、その中には私もいる。

 

 

いつも一緒にいることに変わりはないけれど
それは肉体を持って、という意味であるとは限らない。

今を生きる生命には、その後ろに連綿と続く先祖とのつながりがある。

星空を見あげると、上の人と繋がりやすくなると言う人は他にもいます。

星空って、宇宙の景色。
みんながいるところ、私たちが来たところ。

そして、地球から見える宇宙の景色は、何光年ぶんも昔のものであると言われていますよね。

だからこそ、時空を超えた魂と強く繋がれるのかもしれません。

 

 

I wish you all the best!

コメントをどうぞ♪ Please Comment!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください