子どものままじゃなく

こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです(*´▽`*)

 

ピーター・パン2で

ピーターは大人になったウェンディと再会します。

 

大人は基本、空を飛べないことになっています。

 

でもウェンディは、ティンカーベルが妖精の粉を振りかけたら
天井に頭をぶつけるくらいにまで飛び上がることができた。

 

私はここで「じわ~っ!」と心が温まるのですが。

ピーターはウェンディの見た目で
「変わっちゃったなあ」とつまらなそう。

でもウェンディを見たティンクは、キラキラっとピーターに笑いかけて、
ウェンディの内面が変わっていないことを知らせます。

 

そう。そうなのです。

大事なのは中身。

心。

 

ピーターは、ずっと見た目が変わらず子供のまま。
でもね、私はそれは素敵なことだと思うけど、

同時に「ちょっとな」とも思う。

 

 

変化していくのが人間の本質であり
子どものままで居続けよう
今のままでいようと思うことは
その本質に逆行することだと思うから。

いつかどこかでうまくいかなくなると思うの。

 

本当に大事なのは
「子供のままでいたい!」と思うことじゃなく

 

子どものような、やわらかい心を持ち続けることなのです。

素直さ

冒険心

好奇心

笑顔

わくわくする気持ち。

そういうモノを持ち続けている「大人」が、きっとウェンディ。

 

ウェンディって目がきらきらしてますよねっ!

 

反対に、作品の序盤、
「戦争なのよ! 人間は飛べないの!」と幼い弟に当たり散らしていた娘のジェーンは、あんまりきらきらした目をしていません。表情もどこか固い。

 

凝り固まった「おとな」みたいなジェーンと
信じる心を持ち続ける「子ども」なウェンディ。

 

それは見た目に左右されることではなく、どんな心を持っているかによるのではないでしょうか。

 

 

 

I wish you all the best!

コメントをどうぞ♪ Please Comment!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください