「黒執事」はとっても波動の高い話だと思う理由

こんにちは! スピリチュアル作家の皇月ノエルです(*´▽`*)

 

最近、黒執事への熱が再燃しておりまして♡
最初にハマったのは、まだ私が中学2年生の暗黒時代にいたころ。
あれからいろんなことが大きく変わりましたが、再燃したときめきブームはビッグです☆

さて、昔と視点が変わって黒執事を見つめますと
なんだかとってもスピリチュアルなメッセージが含まれていることに気づいてしまい。
本日から何回かの記事では、そんな黒執事のスピリチュアル的な魅力を語っていきます!

第1回目の今日は、黒執事全体の話から!

 

 

 

 

黒執事って、とっても波動の高い作品だと感じます。
それはきっと、作者の枢やな先生が、良いエネルギーをお持ちだからなのでしょう。

良いエネルギーを持っていなければ、流行もそこそこのところで終わっているかもしれません。精神性とは大切なものです。

さて、悪魔に死神、流血シーンも多い黒執事が、なぜそんなにエネルギーが高いのか?
それは、アニメと原作を見比べれば分かります。特に、アニメ第1期ですね。

人気の漫画は往々にしてアニメ化されますが、
原作からファンの人が、アニメの作画、声優陣などに不満があり、ちょっと作品への熱が冷める、とか
原作は好きだけど、アニメはちょっと違う、と感じる人も、ファンの中には少なからずおられます。

けれど黒執事のアニメ第1期、そして原作をもとにした「Bool of~」シリーズは、なんと原作に忠実なことか!

作画手抜きや違和感を覚えるところも特になく、原作に忠実に、そして原作をより良いものとしながらストーリーが展開しています。

 

世界は引き寄せの法則で動いています。
マンガが流行するのも、マンガ家さんが描く世界観に共感・共鳴する人が多いのも、ひとえに作者さんのエネルギーに、自分と似た面を感じて引きつけられるからと考えています。
ならば、アニメ化する時に集まる監督さん、スタッフさんたちも、
誰かの――原作者さんの、エネルギーに引きつけられて縁を結ぶのでは?

1つの人気作をアニメにしようとして、どこかの会社が選ばれて、監督が決められて、アニメーターさんたちが集まって……という流れは、決して意味のない偶然によって進むものではありません。

きっとそこに集まる人たちの人柄やエネルギーが、強い求心力を持っている人、特にマンガをアニメ化する時には、きっと原作者さんと共鳴し、人が集まってくるのではないか。

 

たくさんの人が関わっているはずなのに、作品の世界観を落とさず、むしろ綺麗な絵をそのままに、
「セバスが! シエルが動いている!」
という感動を届けてくれたのには、枢先生の高いエネルギーが関係しているのではないか……と思うところなのです☆

☆YouTubeで、スピリチュアル広めてます♪^_^

ちょこちょこ更新中!

☆小説Gray Dark好評発売中!

恋愛+前世+スピリチュアルな小説Gray Darkを、このブログにて販売中です。
本の詳しい内容、あらすじ、立ち読み、価格、購入方法などの詳細は、下のリンクからお気軽にご覧ください!
Gray Dark詳細

コメントをどうぞ♪ Please Comment!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください